架橋ポリエチレン管とは

架橋ポリエチレン管ガイドサイト

架橋ポリエチレン管ガイドサイトトップ > 架橋ポリエチレン管とは

架橋ポリエチレン管とは

架橋ポリエチレン管とは、熱を加えることで形を変える、つまり熱可塑性のあるプラスチックである鎖状構造ポリエチレンという物質を使って、分子同士をところどころ結合させることで、立体の網目構造を作っている合成樹脂管のことです。

こう聞くと難しそうに思われますが、ポリエチレン素材で、分子同士に手を加えて立体にしている管というと、少しはわかりやすくなるかもしれません。

架橋ポリエチレン管の架橋とは、分子同士をところどころつないだことにより、橋を架けたような感じになっているということです。

こうして立体網目構造になっているということは、熱硬化性樹脂と同じようなものになるので、耐熱性が増すようになったということにつながります。

つまり、原料であるポリエチレンが持つ長所に、架橋によってさらに性能が向上したということになるわけです。

原料のポリエチレンが持つ長所とは、軽く、柔軟性があって、衝撃や浸食に強く、電気腐食も受けないし、低温にも強いというところです。

それに架橋によって向上した性能とは、薬品にも強く、熱老化にも強くなったということですね。

こうして作られた架橋ポリエチレン管は、非常に多くの場面で使われています。

※購入を考えているかたにはこちら・・・http://www.haikanbuhin.com/top/item/asp/cate.asp?s_cate4=12013&sort=Recommend&list_count_type=Light

オススメサイト内記事

更新!

オススメサイト外記事

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

copyright 2013 架橋ポリエチレン管ガイドサイト All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。